全員協議会

令和元年第12回全員協議会が開催されました


1、会計年度任用職員制度の導入について


地方公務員法及び地方自治法の改正により


令和2年4月1日から会計年度任用職員を創設するもの


一般職の非常勤職員が会計年度任用職員に移行します


事務補助員や教員補助員・学校介助員、放課後児童支援員など



2、マイナンバーカード普及の推進について


国よりマイナンバーカードの普及と


マイナンバーの利活用の促進に関する方針が示され


マイナンバーカードの普及を促進するもの


出雲崎町の令和元年10月末の交付枚数451枚、交付枚数率10.2%


令和5年3月にはほとんどの住民が保有する90.2%にしたい



3、子どもの医療費助成事業の拡充について


第2期総合戦略の事業として


入院費及び通院費の全額助成対象を


高校卒業の年齢まで拡充するもの


新年度より行う予定



4、町社会福祉協議会の職員体制について


前局長の退職に伴い令和2年3月末まで


保健福祉課長が兼務するもの



5、米田遊歩道の廃止及び施設撤去に向けての現状報告について


令和2年3月議会で撤去費用を上程したい


現在は関係する地権者に説明を行っています



6、出雲崎産コシヒカリのネーミング募集状況について


9月17日から11月1日にかけて


出雲崎のブランド米のネーミングを募集したところ


398人の方から、1004のネーミングの応募がありました


今後、検討会のメンバーでネーミングを決定します



7、天領の里指定管理者審査状況について


9月24日から募集要項の配布を開始し


シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社


一社のみ申し込みがありました



その他、議員からは通告にしたがい


●想定外の災害に対する備えについて


●朝だ!生です!旅サラダの中継で


ノドグロが紹介されたが放送後の町の展開について


●出雲崎町観光協会の法人化について


の質問が行われました

この記事へのコメント